Movie & Photos by WSL. Text by colorsmagyoge.

 

インドネシアのクルイを舞台に、MENS & WOMENS QS5000″Krui Pro”と同時開催されていたQS1000 WOMENSプロジュニアで馬庭彩が見事優勝を果たした!!

オーバーヘッドのクリーンなパーフェクトなロングレフトとなった中、ファイナルは馬庭彩、脇田紗良、都築虹帆といった3名の日本人選手にオーストラリア出身のWillow Hardyの4名で行なわれ、ヒート前半に馬庭彩が掴んだ1本目の波での7.50ptが優勝の決め手となった。

3本目の波で8.00ptのエクセレントスコアをマークしたがバックアップスコアをまとめ切れなかったWilllow Hardyが2位、次いで脇田紗良が3位、都築虹帆が4位に入賞!!

 

さらに惜しくもセミファイナルのヒート1で3位で敗退となってしまった松岡亜音が5位、ヒート2で4位敗退となった中塩佳那が7位入賞となり、MENSのプロジュニアではセミファイナルのヒート2で3位敗退となった金澤呂偉が5位入賞という好成績を残した!

 

グレードの高いQS5000だけにハイレベルな戦いとなったMENS”Krui Pro”を制したのは元CTサーファーのJesse Mendes!

2位にBilly Stairmand、惜しくもセミファイナル敗退となった和井田理央がJarvis Earleと同率3位入賞という結果となった。

 

WOMENS QS5000ではセミファイナル進出を果たした松永莉奈と野中美波が3位入賞!

 

クォーターファイナル進出を果たした都築虹帆と佐藤李が5位という好成績を残した。

 

日本人選手が大活躍を果たしてくれた今回のQS5000 & プロジュニア”Krui Pro”!

さらなる詳細については下記リンクよりWSLオフィシャルサイトをチェック!!

Go Japan!!!

 

>>WSLオフィシャルサイト