台湾の台東を舞台に、18歳以下のジュニア・ワールドチャンピオンを決定するべく開催されるWSL主催WJCが12/1(土)よりいよいよコンテスト期間に突入!!

各リージョンを代表するトップジュニア選手たちが集結する世界中が注目する本ビッグイベントに和井田理央、西優司、金沢呂偉、安室丈、田中透生、松田詩野、野中美波、脇田紗良がアジア代表選手として参戦!!

その活躍に期待がかかる!!

View this post on Instagram

正充实🇹🇼

A post shared by southshoreroi 金沢呂偉 (@roy_kanazawa) on

 

 

View this post on Instagram

Can’t wait to put jersey back on👊🏿🥶

A post shared by R I O W A I D A (@riowaida_) on

 

 

View this post on Instagram

🇹🇼 photo by @s_yaman

A post shared by Minami Nonaka (@minami_surf) on

 

カリフォルニアのハンティントンビーチで開催されたISA World Junior Surfing Gamesではジュニアの日本代表チームとしては初となる国別総合での金メダルを獲得したことは記憶に新しいが、それに引き続く大活躍に期待したい!

Go Japan!!!

LIVEの方をお見逃しなく!!

 

>>WSLオフィシャルサイト

 

 

 

yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ