Photos & Text by colorsmagyoge.

 

レイデイが続いているCT第8戦”HURLEY PRO at Trestles”。

日本時間の9/10(日)、現地時間の9/9(土)は、朝から胸肩前後のクリーンなパーフェクト・ウェイブとなったなか、カリフォルニア入りして以来、毎朝会場のロウワーズで練習を行なっている大原洋人はこの日もコーチのMitch Rossとロウワーズへ。


Hiroto Ohhara.

 

CTサーファーと共に2時間弱程度のセッションを終えるとコーチといろいろとミーティングしつつ、来たるコンテストに向けて順調に調整できている様子だ。

今回の大原洋人の専属コーチは、オーストラリア出身の元プロサーファーで、現在はHURLEYチームのコーチとして活躍するMitch Ross氏。

かつては日本で開催されたQSで優勝したこともある筋金入りのコンテストサーファーだった経歴を持つ。

大原洋人は以前Mitch Rossのコーチで良い成績を収めた経験があり、今回はこのコンビがどんな化学反応を巻き起こしてくれるのか楽しみでならない!

とにかく、一緒にサーフィンをしたり見たりするだけでなく、できる限り洋人と共に時間を過ごし、積極的にコミュニケーションをとり、コンテストに向けて共に戦うハートフルな心強い仲間の一人だ。

大原洋人のCT入りをサポートするHURLEYの、こうしたインターナショナル・レベルでのバックアップ体制を目の当たりにし、改めて大原洋人が世界に認められるプロサーファーであることを痛感したのであった。


Hiroto Ohhara & Mitch Ross.

 

そんな大原洋人のHURLEY PRO at Trestlesでの快進撃に期待したい!!

Go Hiroto!!


Hiroto Ohhara.

 

肝心のコンテストの方はレイデイが続いているが、週明けの9/11(月)、日本時間の9/12(火)にネクストコール予定となっており、コンディションが十分であればコンテストがスタートすることが予想される。

世界で最もプログレッシブな波、ロウワーズを舞台に世界のトッププロたちはどんなサーフィンを見せてくれるのか!?

CT第8戦”HURLEY PRO at Trestles”をお見逃しなく!!

 

 

 

 

 

シェア
yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ