WSL・ワールドチャンピオン、2度の覇者、東京オリンピック・オリンピアン、若きハワイ アン・プロサーファー、John John Florenceが、同時期にハーレー・ブランドを後にしたボブ・ハーレーら、旧ハーレー・ファミリーと共同ブランド創設者として、2021年に立ち上げた新ブランド、「Florence Marine X」。 米国、欧州、豪州での開業を経て、遂に日本ではまず、ジャパン。オンラインストアが7月下旬に運用を開始した。

Florence Marine X とは

Florence Marine X ブランドはJohn John Florenceのホーム、ノースショアで、John John Florenceがクルーたちと過ごすライフスタイルや哲学、信念を具現化したもの。 「X」は Exploration(探究)を意味する。これは、サーフィンはもちろんのこと、John John Florenceがチームと日々楽しむセーリング、トレールラン、バイキングやハイキング、あるいは アウターリーフでのビッグウェイブ・チャレンジなど、海だけに限らず、ノースショア育ちならではの自然界への探究、冒険と自身への挑戦を助ける機能性プロダクトのリリースとシ ェアを目的としている。 フローレンス・ブランドのあらゆるプロダクトは、製品化するまで、John John Florenceとチームにより、冬のノースショアを含めて過酷な状況で、フィールドテストが繰り返される。

そして、もう一つ、このブランドの根幹を成すものが、自らの探究を許す自然環境の永続性に対する責任感である。 John John Flocenのブランドにとって、機能的かつ自然への挑戦を後押ししてくれるプロダクトは、同時にその自然環境を護る存在でなければならない、ということ。

例えば、Florence Marine X のTシャツは、全てが、再生繊維やオーガニックコットンでのみ作られている。 或いはこれまで、一般的なアウトドア製品などに見られる機能性を付与するために、環境を害する耐久撥水などの加工方法を見直し、ゼロカーボンの加工方法を採り入れるなど革新は続く。

https://florencemarinex.jp/pages/about
https://florencemarinex.jp/pages/responsibility

Florence Marine X ソサエティのメンバーとは

John John Florenceの新しいブランドのもう一つの目玉はメンバーシップだ。ソサエティのメンバーには今回のプレ・オープン期間が終了後の8月下旬からオンライン・ストアにて随時参加登録が可能だ。 実質の一生涯の会費は無料。更にリワードや限定品、ファーストアクセスなどの特典も豊富だ。また従来型のブランドが「ライダー」と呼ぶアスリートとの契約などの入口となる。因みにフローレンスでは「テストパイロット」と呼ばれ、ジョンジョンやクルーと同様に商品開発の重要な役割も担うこととなる。
https://florencemarinex.jp/pages/membership


リアル店舗での取り扱いは2023年以降を予定、ポップアップストア含めてJohna JOhn Florenceの動きから目が離せない。
詳しくは、オンラインストアでのニュースレター購読の登録をぜひ。
https://florencemarinex.jp/pages/email-sign-up

Florence Marine X ジャパン・オンラインストア:
https://florencemarinex.jp/

Florence Marine X Japan / Glide Chill Co. グライドチル株式会社
神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6−2−13
info@florencemarinex.jp
竹中