Photos & Text by ManiaOchi.

 

四国の右下、高知県東洋町にある生見ビーチ。

関西屈指のサーフィンエリアとしても知られる四国の生見ビーチをホームポイントとする一楽弘徳プロ。 生見ビーチにSurf Shop Moreを営みサーフィンスクールやレンタル業務にも大忙しの一楽プロだがいい波があればプロサーファーとしてラインナップにその姿がある。

そんな一楽プロが近年愛用しているTWIN FIN. 一楽プロのマストな1本になっている。スタイリッシュで個性あるTWIN FINスタイルはオールドスクールとニュースクールを取り混ぜたような一楽プロならではのお洒落な個性的なスタイルとなる。一楽プロ自身もTWIN FINでのカービングやグライド感がたまらなく気持ちいいと話す。

今回は初冬のホームビーチでの日常的な一楽プロのTWIN FINセッションとなった。

Hironori Ichiraku

 

 

四国の右下、生見ビーチの目の前にある一楽プロが営むSURF SHOP MORE

生見ビーチを訪れた際は是非とも寄ってみてほしい。

サーフィンスクールやレンタルも充実し海上がりもリラックスして立ち寄ることができる。一楽プロのアドバイスも聞けるかもしれない!

 

>>SURF SHOP MORE

 

 

 

中学生時代に海外の音楽、ファッションカルチャーに興味を抱き、その影響で衝撃的なパンクロックと出会い、それからパンクバンドを結成し自身もドラムで活動する傍らカリフォルニアのサーフスケートのパンクシーンの影響を受けスケートボードに目覚める。 スケートパークに通っていくうちに自然とサーファー、スノーボーダーとの出会いが増え、自身もサーフィン、スノーボードにのめり込み日本各地、海外のフィールドを求め海や雪山とリアルなシーンを追い求めていった。 追い求める旅の中で美しい自然やロケーション、音楽、ファッション等の様々な新鮮カルチャーとの出会い、多くの横ノリスト達とライディングセッションを重ねるうちその時にしかない瞬間を残そうと気がつけばカメラを片手にそのリアルな瞬間を切り取るようになった。 現在は関西を拠点にcolorsmag関西支部を担当しながら、メディアや雑誌等でも活躍中。