2019年シーズンインを迎えた日本海。

西高東低の気圧配置で日本海沖で発達した寒気と低気圧の影響によりもたらす日本海スウェル。

そんな西高東低のスウェルを求め日本海を狙った飯田 航太、伊藤 李安琉、安室 丈による

日本海ビーチブレイクでのバレルフォトセッション。

クローズに近いサイズではあったが形良くブレイクするセットを狙えば掘れるセクションがありそこを狙いチャージ! テイクオフしインサイドまで乗るとアウトに出るのが一苦労といった状況。岸に上がりまたアウトに出やすいポジションまで歩いてアウトに出るという体力的にもハードコンディションの中での彼らのバレルシークエンスとなった。

飯田 航太 Kota Iida

 

伊藤 李安琉 Real Ito

 

安室 丈 Joe Azuchi

 

中学生時代に海外の音楽、ファッションカルチャーに興味を抱き、その影響で衝撃的なパンクロックと出会い、それからパンクバンドを結成し自身もドラムで活動する傍らカリフォルニアのサーフスケートのパンクシーンの影響を受けスケートボードに目覚める。 スケートパークに通っていくうちに自然とサーファー、スノーボーダーとの出会いが増え、自身もサーフィン、スノーボードにのめり込み日本各地、海外のフィールドを求め海や雪山とリアルなシーンを追い求めていった。 追い求める旅の中で美しい自然やロケーション、音楽、ファッション等の様々な新鮮カルチャーとの出会い、多くの横ノリスト達とライディングセッションを重ねるうちその時にしかない瞬間を残そうと気がつけばカメラを片手にそのリアルな瞬間を切り取るようになった。 現在は関西を拠点にcolorsmag関西支部を担当しながら、メディアや雑誌等でも活躍中。