Photo by Pedro Gomes. Text by colorsmagyoge.

View this post on Instagram

Stoked to get #1 🙏🏽 '' Clips of the Month '' 世界のサーフウェブマガジン @surferfilms の 1月のザベストトップ10で 1位に選ばれました🙇🏽‍♂️🙏🏽 ずっと世界の舞台で 活躍したかったから、 こうして形に残せると 素直にめちゃ嬉しいです🙌🏽💯 応援してくれてる 家族、 スポンサー、 地元のみんな、 友達、 みんなのパワーがあって、 この価値ある一本に 巡り会えたんだと思ってます💪🏽🇯🇵🔥 皆さんにありがとう💫 プロフィールに URL貼り付けるので、 暇な時フルクリップみてください! #Repost @surferfilms ・・・ Once again, Pipeline clips have dominated the list for January’s “Clips of the Month.” Taking top honors, @keito_matsuoka’s insane Pipe bomb that took everyone’s breathe away at the @dahuiofficial Backdoor Shootout. Follow our link in bio for the full edit. Clip: @badfilmer #SURFERmagazine

A post shared by Keito Matsuoka (@keito_matsuoka) on

 

アメリカのSURFER magazineが各カテゴリーに渡ってその年に最も輝いたサーファーを表彰するべく毎年行なっているSURFER POLL!!

その”THE BEST RIDE OF THE YEAR”部門に松岡慧斗のパイプでの12ptが、世界のトップ6のうちの1本としてノミネートを果たした!!

松岡以外に選ばれたのはCam Roichardsのパイプでのロングチューブ、Jack Freestoneのゴールドコーストでのスーパーロングチューブ、Russel Bierkeのシップスターンでの狂気のパドルイン、Matahi Drolletのチョープー、そしてKoa Rothmanのチョープー。

 

Cam Richards

 

Jack Freestone

View this post on Instagram

This morning | @billabong | @js35

A post shared by Jack Freestone (@jackfreestone) on

 

Koa Rothman

 

Matahi Drollet

 

Russell Bierke

 

まさに世界のトップ・オブ・トップと肩を並べての今回の松岡のノミネートは日本のサーフィンファンにとってこの上ない嬉しいニュースと言って過言ではないだろう。

その結果は、SURFER magazineの独断と偏見によってではなく、11/18(月)よりSURFER magazineがスタート予定のオンライン一般投票によって決められるとのこと。

またその投票が始まり次第、colorsmagからもお伝えさせて頂く予定!

日本中のサーファーが一丸となり、松岡慧斗に投票して頂ければと幸いであります!

果たして、SurflineのWave Of The Winterに引き続き、松岡慧斗は世界一のサーファーとして選出されるのか!?

日本人サーファーが世界のサーフ史に名を刻むことができるか否かのこのビッグチャンスを掴むべく、みなさまの拡散&投票、何卒よろしくお願い申し上げます。

さらなる詳細は、下記リンクよりSURFER Magazineをチェック!!

 

>>SURFER Magazine