Photos by yasushi photos. Text by colorsmagyoge.


Nat Young.

 

2020年東京オリンピックのサーフィン会場である千葉県長生郡一宮町の志田下を舞台に開催中となっているQS6000″ICHINOMIYA CHIBA OPEN”は5/4(土)にコンテストDAY6が行なわれ、MENS QS6000とWOMENS QS1000のファイナルまでを消化。

オンショアで面のガタつく腰前後のスモール・コンディションの中、WOMENS QS1000のセミファイナルからスタートとなり、ヒート1では都筑有夢路が、間違いなく優勝候補のひとりであった前田マヒナを相手に力強いサーフィンをみせてファイナルへ進出!


Amuro Tsuzuki and her Family.

 

さらにヒート2では、バリのクラマスで開催されたJPSA開幕戦”ムラサキプロ”で見事優勝を飾ったばかりである宮坂麻衣子が、昨年の本イベントのディフェンディング・チャンピオンである松田詩野を相手に、ソリッドなバックサイドリップを連発してファイナルへと駒を進めた。


Shino Matsuda.

 

続いて行われたMENS QS6000のクォーターファイナルのヒート1には稲葉玲王がCam Richardsと対戦。

今大会で素晴らしいライディングを連発し、colorsmagでも2日間連続でシークエンス・オブ・ザ・デイを飾ってくれているCam Richardsを相手に、大きなスプレーを上げるパワフルなバックサイドサーフィンで4本目に6.50ptをスコアすると、7本目では7.57ptをマーク!

稲葉玲王がリードを保つ中、今度はCam Richardsが6本目の波でバックサイド・エアリバースをメイクしてエクセレント・スコアとなる8.00ptを叩き出す!

万事休すかと思われる状況の中、それでも諦めず逆転を狙う稲葉玲王が積極的に波を掴む中、10本目の波で7.17ptをスコアし、見事逆転成功!

会場も大盛り上がりとなり、強敵Cam RIchardsを相手に快進撃を見せた稲葉玲王がセミファイナル進出を決めた。


Reo Inaba.

 

さらにクォーターファイナルのヒート4には大原洋人が登場。

対戦相手であるJake Marshallが1本目の波で7.50ptをマークすると、続けて2本目の波では4.63ptをバックアップスコアにまとめ、先手必勝の作戦を実行。

その流れを変えたい大原洋人であったが、ハイスコアを出せる可能性のあるいい波が非常に少ない上、その波を見つけるのが難しい波のコンディションに翻弄され、積極的に波を掴むがなかなかスコアを伸ばせず、5本目に4.83pt、さらに6本目には6.00ptをまとめるが逆転にはあと一歩及ばず、惜しくもここで敗退。

ハイレベルな本ビッグイベントにおいて5位という好成績を収めた。

今シーズンのさらなる活躍に期待したい!


Hiroto Ohhara.

 

続けて行われたMENSセミファイナルのヒート1では、稲葉玲王がカリフォルニア出身の元CTサーファーNat Youngと対戦。

相手が相手だけに、先手必勝の作戦で2本目に5.67pt、6本目には6.77ptをスコアしてヒートの流れを掴んだように見えた稲葉玲王だったが、じっくりと落ち着いていい波を待つNat Young2が2本目の波で7.43ptをマークすると、そのまま勢いを掴んだかのように4本目の波では5.17ptをバックアップ・スコアとしてマーク。

逆転に必要なスコア5.80ptという状況の中、11本目の波でバックサイドリップを連発するが、これが

5.60ptと僅か0.20pt足らず、惜しくもここで敗退。

しかし、本ビッグイベントにて3位という素晴らしい成績を残した!


Reo Inaba.

 

この結果によって稲葉玲王はQSランキング5位の座をキープ。

大原洋人はQSランキング8位と、共に10位以内にポジションしており、今シーズンのさらなる活躍に期待がかかる!

 

WOMENS QS1000のファイナルは、都筑有夢路と宮坂麻衣子が対戦。

2本目の波で3.50pt、3本目で4.50ptをまとめ、さらに7本目には6.27pt、8本目の波では7.67ptを叩き出した都筑有夢路が終始ヒートの流れを掴み、逆転を狙う宮坂麻衣子が9本目の波で7.53ptを叩き出したが逆転には及ばず、見事都筑有夢路がQS1000優勝を決めた!!

おめでとう!!


Amuro Tsuzuki.


Maiko Miyasaka.

 

MENS QS6000のファイナルはNat Youngと2016年度の本イベントで優勝を果たしているEvan Geiselmanと対戦。

2本目の波で7.17pt、5本目の波で7.00ptをスコアしたNat Youngが、Evan Geiselmanの追従を最後まで許さぬ形で見事優勝を勝ち獲った!

おめでとう!!


Nat Young.


Evan Geiselman.

 

迎えるコンテストDAY7となる5/5(日)は、16歳以下を対象としたSuper Kids Challengeが行われる予定。

数年後の近い未来のサーフスターとなる逸材たちによる熱いサーフィンバトルは必見!!

お見逃しなく!!

 

>>MENS QS6000″ICHINOMIYA CHIBA OPEN”

>WOMENS QS1000″ICHINOMIYA CHIBA OPEN”