Text by colorsmagyoge.

 

カリフォルニアのハンティントンビーチで開催されたISA World Junior Surfing Gamesで日本代表チームが国別総合で18歳以下では史上初となる金メダルを獲得し、Boys U-18では上山キアヌが金、安室丈が銀、Girls U-18で野中美波が銅、Boys U-16で伊東李安琉が4位、Girls U-16で松田詩野が銀、脇田紗良が銅メダルを獲得したばかりのこのタイミングで、またしても日本サーフィン界にとって嬉しいニュースが飛び込んできた。

同じくカリフォルニアの、場所は変わってサンオノフレのチャーチを舞台に、現地時間の11/3(土)から11/4(日)の2日間に渡って開催されたNSSA SOUTHWEST OPENにおいて、弱冠13歳の岩見天獅が13歳から15歳までのOPEN JUNIORと16歳以上のOPEN MENの2ディビジョンでダブル優勝を飾った!!

 

岩見天獅は11歳の時にすでにNSSAの11歳以下クラスで全米チャンピオンに輝いており、今回も年上の海外トップジュニア選手たちを次々と倒す素晴らしいライディングを連発したとのこと。

ISA World Junior Surfing Gamesに引き続き、日本のサーフシーンの明るい未来を感じさせてくれる嬉し過ぎるビッグニュースとなった。

おめでとう岩見天獅!!

Go Japan!!!

 

 

 

 

yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ