Text by colorsmagyoge.

 

2020年東京オリンピックにおいて、スケートボードと共に正式種目のひとつとなったサーフィン。

オリンピックにおいて3個もの金メダルを獲得した水泳選手でありながら、サーファーとしてはサーフィンを世界に普及させた偉大な功績を持つ”サーフィンの父”ディーク・カハナモクが、IOCに対し、サーフィンをオリンピック競技に推薦して以来100年と言われるこのタイミングで、偶然か必然かオリンピックのオフィシャル雑誌”OLYMPIC REVIEW”の表紙を女性サーファーがチューブに入っている瞬間を捉えたサーフショットが飾るというサーフィンの歴史に残る快挙を遂げた!!

下記リンクよりオンライン雑誌”OLYMPIC REVIEW”の全貌をチェック可能!

 

>>オンライン雑誌版OLYMPIC REVIEW

 

 

 

シェア
yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ