Photos by WSL. Text by colorsmagyoge.


Krui.

 

日本時間と現地時間の4/20(木)。

インドネシアのスマトラ島にあるスーパーロング・パーフェクト・グーフィーを誇るクルイを会場に開催中のQS”Krui Pro 2017”の大会最終日が行われ、日本の西慶次郎がMENSで見事優勝を果たした!!

ファイナルで9.00ptライドをマークし、Moses Le Grice(AUS)を下した西慶司郎は、セミファイナルでI Nyoman Artana(IND)を、クォーターファイナルにおいてはBRIXTON一押しライダーのひとりであるSkip McCullough(USA)といった世界の強豪たちを相手に勝ち取った今回の勝利となった。

おめでとう!!


Above : Minori Kawai. Below : Amuro Tsuzuki.

 

ハンティントンで開催されたQS1000での仲村拓久未の準優勝を皮切りに、大原洋人のQS6000”Australian Open”での3位、そのあとのQS1000で優勝、さらにはQS1500での加藤嵐の準優勝に続き、今回の西慶司郎の優勝、川合美乃里と都筑有夢路の3位入賞と、日本の若手プロたちの世界の舞台での活躍が著しい2017年シーズン。

この調子でブラジリアン・ストームならぬジャパニーズ・タイフーンを巻き起こしてくれることに期待したい!!

Go Japan!!!

 

 

 

 

 

 

シェア
yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ