Movie by Arukas Vision. surfline. Text by colorsmagyoge.

 

湘南鵠沼をホームブレイクに、スタイリッシュなサーフィンを信条とするプロロングボーダー河村正美を実父に持つサラブレッドであり、日本指折りのHURLEYプロライダーでもある河村海沙が、世界最大級の波情報サイトSurflineが主催する動画投稿型オンライン・ビッグウェイブ・コンテスト”O’Neill Wave of The Winter”にオフザウォールでのチューブでノミネートされたことはすでにお伝えさせて頂いたが、そんな河村海沙のライディングが、なんと2月の部において最後の大逆転からの月間第1位の座を勝ち取り、見事ファイナリストのひとりとなった!!

ここ数年間、冬のハワイのノースショア・シーズンにcolorsmagが行ない続けているHURLEYチームの密着取材を通して、自分の思い描くイメージを実現するべく、黙々と自分のペースで波に立ち向かう河村海沙の姿を見続けてきた。

数え切れないほどの強烈なワイプアウト。

もちろん怪我をしたこともあった。

それでもTHE DAYが来れば無理をしてでもパドルアウトして、コテンパンにされても必ず1本は決めるその執念と情熱。

そんな時空をも超越した積み重ねが今回のようなひとつの結果という形に残ったことを、本当におめでとう!

そしてファイナルでの河村海沙の活躍を願い、引き続き皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い致します。

 

http://www.surfline.com/surf-news/underground-japanese-charger-nudges-out-four-other-underground-chargers-kaisa-kawamura-wins-oneill-wave-of-the_146063/

 

 

シェア
yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ