前回のクリップで公開された西高東低愛好会 日本海ロードトリップ2016初冬Vol1〜4シリーズ!前回のご紹介でもご存知のとうり伊豆出身のベテランプロサーファー今村厚、大阪出身の金田輝士、河谷佐助、日本海は舞鶴から間屋口峻英をはじめ宮崎出身のヤングガン西口京佑、岡山県出身のプロサーファー高塚康裕、湘南から金尾玲生に小林直海、マッスンこと増田征泰とともに昨年に引き続き藤本軌道の小池社長のバックアップのもと今年も素晴らしいメンバーが集い波に恵まれた中で実現されたが今回は先月に日本海側を震源とする大規模な地震により多くの被害をもたらした日本海地方では日本海ローカルサーファーにも多くの被害を被った被災者も多かっただけに小池さん曰くいつもお世話になっている日本海なだけに色々と複雑な思いもあったが今回はサーフショップFar Sideの野田さん、ローカルサーファーそして隼人塾の今井 隼人、マコトさんご協力とご理解のもとチーム藤本軌道で集まったメンバーとともにローカルサーファーの元気の源になればという復興の願いも込めたトリップとなった。そんな思いもこもった初日の波に恵まれた某日本海ブレイクでのセッションのワンシーンをお届けします。

 

960img_0152960img_04429600000206296000002058960_mg_9913960img_01749600000211596000002126960000021149600000210796000002108

 

96000001790Keisuke Nishiguchi

960000017899600000179496000001795960_mg_0084960img_03289600000177396000001774960000017759600000177796000001778960000017769600000177996000001780960000017829600000178196000001783Keisuke Nishiguchi

 

 

 

96000002106Takahide Mayaguchi

960_mg_01999600000199996000002000960000020019600000200596000002007960000020089600000200996000002010960000020119600000201296000002013960000020149600000201596000002016Takahide Mayaguchi

 

 

960000020429600000204396000002117Koikesan

 

960img_0487Colorsmag Yoge

 

96000002100Hayato Imai(隼人塾) & Makoto san

 

 

9600000205296000002047Makoto san

 

 

Local surfers96000002056960000020539600000213696000002133Local surfers

 

 

960_mg_0268960000017599600000176096000001761960000017629600000176396000001764Hyato Imai 隼人塾

 

 

960000021399600000214096000002141Masuda kun

 

 

 

 

960_mg_9837Sasuke Kawatani

960_mg_9887960img_0583960img_048496000001967960000019629600000196496000001978960000019689600000196596000001969960000019779600000198096000001979Sasuke Kawatani

 

 

 

96000001752Atsushi Imamura

960_mg_0029960_mg_0031960img_0206960img_03919600000174896000001749960000017539600000175496000001751Atsushi Imamura

 

 

 

960img_1434Yasuhiro Takatsuka

96000002022960000020239600000202496000002025960000020279600000202696000002028960000020299600000203096000002031Yasuhiro Takatsuka

 

 

96000001929Reo Kanao

9600000190096000001901960000019029600000190396000001904Reo Kanao

96000001905960000019099600000191096000001911960000019129600000191396000001914960000019159600000191696000001917Reo Kanao

960000020859600000193596000001928960000021489600000214996000002085960000020869600000208796000001885960000019339600000189796000001890960img_052896000001889Reo Kanao

 

 

 

 

960img_0269Naomi Kobayashi

96000001882960img_0569960img_0535960img_0315960img_0529960img_0597960000018289600000182996000001830960000018319600000183296000001833Naomi Kobayashi96000001834

960000018369600000183796000001838960000018399600000184096000001841Naomi Kobayashi

9600000184296000001844960000018459600000184896000001849960000018509600000185296000001853960000018589600000185996000001854Naomi Kobayashi

 

 

 

960img_0398Kiyoshi Kaneda

9600000181496000001817960000018189600000181996000002152960_mg_0144960000021539600000215496000001821960_mg_997796000001809960img_02719600000181596000001816Kiyoshi Kaneda

 

9600000205096000002051

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生時代に海外の音楽、ファッションカルチャーに興味を抱き、その影響で衝撃的なパンクロックと出会い、それからパンクバンドを結成し自身もドラムで活動する傍らカリフォルニアのサーフスケートのパンクシーンの影響を受けスケートボードに目覚める。 スケートパークに通っていくうちに自然とサーファー、スノーボーダーとの出会いが増え、自身もサーフィン、スノーボードにのめり込み日本各地、海外のフィールドを求め海や雪山とリアルなシーンを追い求めていった。 追い求める旅の中で美しい自然やロケーション、音楽、ファッション等の様々な新鮮カルチャーとの出会い、多くの横ノリスト達とライディングセッションを重ねるうちその時にしかない瞬間を残そうと気がつけばカメラを片手にそのリアルな瞬間を切り取るようになった。 現在は関西を拠点にcolorsmag関西支部を担当しながら、メディアや雑誌等でも活躍中。