Rider / Keito Matsuoka. Photos by Maniaochi.


 

 

バックドアシュートアウトでの史上初のパーフェクトスコア、O’NEILL Wave of winter獲得、米サーファーマガジンの人気ナンバーワンサーファーを決める2019 SURFER AWARDSでのTHE BEST BARREL AWARDS を受賞と、海外で数々の日本人初の大快挙を成し遂げた松岡慧斗プロ。

そんな彼が、Sea Of Japan Session Vol.2よりベスト・シークエンスとなった世界レベルのバックサイド・グラブレールをお届け!!

ここの波はハワイ、ノースシュアでのチャージにおいてもいいトレーニングになりますと語るのは松岡慧斗。

ここの波に乗れるようになればどこの波も乗れますと語っていた。

それでけにここの波はテクニカルな要素も必要とされる。

Keito Matsuoka

 

 

 

 

中学生時代に海外の音楽、ファッションカルチャーに興味を抱き、その影響で衝撃的なパンクロックと出会い、それからパンクバンドを結成し自身もドラムで活動する傍らカリフォルニアのサーフスケートのパンクシーンの影響を受けスケートボードに目覚める。 スケートパークに通っていくうちに自然とサーファー、スノーボーダーとの出会いが増え、自身もサーフィン、スノーボードにのめり込み日本各地、海外のフィールドを求め海や雪山とリアルなシーンを追い求めていった。 追い求める旅の中で美しい自然やロケーション、音楽、ファッション等の様々な新鮮カルチャーとの出会い、多くの横ノリスト達とライディングセッションを重ねるうちその時にしかない瞬間を残そうと気がつけばカメラを片手にそのリアルな瞬間を切り取るようになった。 現在は関西を拠点にcolorsmag関西支部を担当しながら、メディアや雑誌等でも活躍中。