No2に引き続き荒れ狂う波にチャージし続けた今回のセッション。

バレルになるのか!?ならないのか!? 波のコンディションも読みにくい中で思うような波も狙いにくくなかなかメイクすら難しかった今回の波。大きめのサイズを狙いチャージしていた佐藤 魁プロ。難しい波を上手く選び本数よりもその中にある1本をセレクトしていた。佐藤 魁プロの今回のセッションの中ではこの1本が印象的なライディングであった。

Guy Sato

 

プロ資格を取得する前から近年での活躍が目覚ましく2019年には念願のプロ資格も取得し思い出に残る2019年となったであろう飯田 航太プロ。今回もオーストラリアから一時帰国し積極的に日本の波をチャージしていた。今回のこのセッションでのシークエンスも荒れ狂う19号のスウェルにチャージする飯田プロのハードコアな1本! その後もいいポジションを見つけてはバレルをメイクしていった。

Kota Iida

@Mt.FujiKota Iida

 

今回のセッションでは、その1本に挑むサーファーと自然の猛威を同時に知る時間となった。

また協力頂いたここを愛するローカルサーファーには感謝とリスペクトの気持を忘れずにまた素晴らしい波に出会えることを願うばかりである。

中学生時代に海外の音楽、ファッションカルチャーに興味を抱き、その影響で衝撃的なパンクロックと出会い、それからパンクバンドを結成し自身もドラムで活動する傍らカリフォルニアのサーフスケートのパンクシーンの影響を受けスケートボードに目覚める。 スケートパークに通っていくうちに自然とサーファー、スノーボーダーとの出会いが増え、自身もサーフィン、スノーボードにのめり込み日本各地、海外のフィールドを求め海や雪山とリアルなシーンを追い求めていった。 追い求める旅の中で美しい自然やロケーション、音楽、ファッション等の様々な新鮮カルチャーとの出会い、多くの横ノリスト達とライディングセッションを重ねるうちその時にしかない瞬間を残そうと気がつけばカメラを片手にそのリアルな瞬間を切り取るようになった。 現在は関西を拠点にcolorsmag関西支部を担当しながら、メディアや雑誌等でも活躍中。