身の回りにある中古品やどこかで見つけたオブジェクト、または廃材を再利用してサーフボードとして生き返らせ、その発想と完成度を競い合うVISSLAとサーフライダー・ファウンデーション主催”CREATORS & INNOVATORS UPCYCLE CONTEST 2019″エントリー受付中!

今年で5回目を迎えるこのコンテスト、応募方法はその制作過程を記録した映像、または3から6枚の写真に#CreatorsContestをつけてインスタグラムにポストするだけ!

View this post on Instagram

“The @surfrider Foundation and @visslasurf recently teamed up to host the 3rd annual Creators and Innovators Upcycle Contest which brings together surfing’s most out-of-the-box thinkers, all with a common goal of creating products that are completely recycled, or in this case ‘upcycled.’ Quick review: to upcycle is to completely repurpose used material, transforming the old and wasted into something new and improved. This year, the contest was swept away by a Santa Cruz man’s entry of a surfboard made from over 10,000 discarded cigarette butts. With some help from his friend, filmmaker Ben Judkins (@juddyproductions), 24-year-old Taylor Lane (@tlanemayne) built his cigarette-butt-board after a long summer spent collecting some 10,000 butts along Northern California beaches, sidewalks, parking lots, and other places where they, quite frankly, make everything look like crap. What started as a contest entry turned into a loud and clear statement about our environment – we’re covering it with s***, and there’s a giant change in order. Lane said the goal of the project was to emphasize the pollution problem created by cigarette butts on the beach.” – Ryan Hughes (@huntnaked) Full story on theinertia.com 🎥 @juddyproductions #upcycle #creatorscontest #surfsomething

A post shared by The Inertia (@theinertia) on

 

U16クラスとオープンクラスの2クラスで各4名(計8名)がファイナリストとして選出され、10/18にアメリカで開催予定の表彰式に招待される予定。

2015年の第1回目コンテストでは日本の児玉譲二氏がファイナリストに選出され見事準優勝を果たし、2017年の第3回目ではサーフライダーファウンデーション・ジャパンのアンバサダー石川拳大がファイナリストとしてアメリカの表彰式に招待された実績のある本イベント、果たして今年も日本人クリエイターが活躍することになるのか!?

クリエイターの方はぜひご応募ください!!

 

 

 

 

 

yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ