Photos by yasushi photos. Text by colorsmagyoge.

伊良湖を代表するサーフショップ”KEEPER”の娘でプロサーファーの鈴木マリーンと夕暮れ時に遭遇。夕陽をバックに野中美波と2ショット。Minami Nonaka & Marin Suzuki.

 

ムラサキスポーツがメインブランドとして掲げるSUPERbrand surfbaordsによる強化合宿的伊良湖トリップのDAY1は、肩頭前後のグッドコンディションに恵まれた中、ローカルキッズたちと共にスーパーセッションが繰り広げられ、その模様については昨日colorsmagからもお伝えさせて頂きました。

今回はサイズダウンとなったものの、十分な波に恵まれたなか行なわれたDAY2の模様をお届け!

DAY1では見事なフロントサイド・パワー・カーヴィングでシークエンス・オブ・ザ・デイを飾った村田嵐。サイズダウンしたこの日はしなやかなバネを活かしたフィンズフリー系リップアクションで一際光るライディングを連発!昨年の怪我を乗り越え、一皮剥け始めた今後の嵐の成長から目が離せない!!Arashi Murata.

 

サイズを問わず波に刻むダイナミックなライン取り。この日のセッションにおいても、その小さな体からは想像がつかないようなビッグアクションを披露してくれた野中美波。Minami Nonaka.

 

隙あらばスタイリッシュなエアを繰り出す粟田生。コンテストだけでなく、魅せるサーフィンを追求する独自の価値観が反映されたオリジナリティー溢れるライディングでセッションを盛り上げてくれた。Naru Awada.

 

ハイレベルな現代の日本のWOMENSサーフシーンをさらにもう一段引き上げるのではないかという無限の可能性を感じずにはいられない、MENS顔負けのエアやフィンズフリー系のリップアクションだけでなく、タイトなセクションでのハードカーヴィングまでしっかりこなしてしまう都築虹帆、おそるべし!!Nanaho Tsuzuki.

 

コーチとして今回の強化合宿に参加しながらも、十代の若手プロたちとセッションを共にすることで自らも刺激を受け、いつも以上に持ち味であるアグレッシブなリップアクションを魅せてくれた吉岡智文プロ。Tomofumi Yoshioka.

 

地元の海で年の近い憧れのプロサーファーたちによって繰り広げられるスーパーセッションより、多くのことを吸収できたに違いないローカルキッズ岡田裕誠。Yusei Okada.

 

ロコビーチの目の前にある和食どころ”花いち”の息子であり、伊良湖を代表するキッズサーファーでもある岩瀬裕也も、プロたちに刺激を受け、いつも以上に熱いレイバックスナップをエンドセクションに仕掛ける!Yuya Iwase.

 

岡田裕誠、岩瀬裕也たちとはまた少し下の世代になる伊良湖期待のグロメッツサーファー荒川兄弟。Arakawa Bros.

 

SUPERbrandマネージャーの芦沢さん。同じ海に入ってライダーたちとコミュニケーションをとり、そして自らの足でボードの機能性を確かめることはブランド・マネージャーとして必要不可欠な仕事のひとつ。Ashizawa san.

 

サーフショップKEEPERのライダーであり、切れ味鋭いバックサイドとKEEPERスタイルならではのエアトリックを得意とする石澤樹。そのスキルの高さはこの写真を見れば一目瞭然。Izuki Ishizawa.

 

伊良湖を代表するトップアマ平井宏輔。強靭な足腰から繰り出されるパワフルかつ破壊力抜群のリップアクションでプロサーファーにも劣らないライディングを連発していた。伊良湖には、見る人が見ればわかるプロでなくてもプロ並みの腕を持つアンダーグランドなトップサーファーが数多く存在する。Kosuke Hirai.

 

さらに続くSUPERbrand伊良湖トリップは本日最終日となるDAY3が進行中。

その模様もcolorsmagよりお届けさせていただく予定!

伊良湖の海という素晴らしいフィールドで、このような強化合宿を行なうことを受け入れてくださったローカルの皆様へ、この場を借りて改めてありがとうございます。