スマホの爆発的な普及により、スマホを長時間使用する20代、20代、さらには10代の若者までもが老眼者のように手元にピントが合いづらいという、いわゆる”スマホ老眼”がひとつの社会問題となっているまさに世紀末な現代において、話題沸騰中のハイブリッドリーディンググラス”DONT PANIC”より、そんな若年層の”スマホ老眼者”たちに向け、遠近両用塁審レンズを装備したフルスペックモデルに”度数+0.50(レンズ上部は度なし、レンズ下部に度数+0.50)”という低度数モデルがリリースされた!

さらにそれに加えて、高年齢層向けとして単焦点レンズ装備のシングルスペックとダブルスペックに”度数+2.00″という高度数モデルも追加!

View this post on Instagram

New powers added👊🏻 👓+0.50 with FULL SPEC 👓+2.00 with SINGLE & DOUBLE SPEC・ ・ シニア世代にも、 「スマホ老眼」世代にも対応の 新度数レンズを同時リリース! ・ スマホの飛躍的な普及によって、スマホを長時間使用する20代・30代、さらには10代の若者までもが、老眼者のように、手元のピントがあいづらい・・・と、いわゆる「スマホ老眼」が今ひとつの社会問題となっているのは周知の通り。このような若年層の「スマホ老眼者」に向けて、遠近両用累進レンズを装備した“フルスペックモデル”に「度数+0.50」(レンズ上部は度なし、レンズ下部に度数+0.50)という低度数モデルを追加。・ 同時に、これまでよりさらにシニア層向けとして、単焦点レンズ装備のシングルスペックとダブルスペックに「度数+2.00」という高度数モデルを追加。 詳しくはプロフィールから公式サイトへどうぞ👍🏻 ・ @mrpottz #dontpanictokyo #hybridreadlngglasses #readingglasses #readers #dontpanic #pottz #oldmanglasses #positiveaging #surfer #surfing #ドントパニック #ハイブリッドリーディンググラス #遠近両用 #調光レンズ #ブルーライトカット #老眼鏡 #ドンパニ #オールドマングラス #ポジティブエイジング #サーファー #シニアグラス #老眼鏡デビュー #スマホ老眼

A post shared by DONT PANIC(ドントパニック ) (@dontpanic.tokyo) on

 

世界的レジェンドサーファーPottzことMartin Potterをメインイメージ・ライダーに起用し、アウトドアではサングラスのようにオートマチックにカラーチェンジする調光機能など、サーフィンをはじめ、アクティブなライフスタイルを楽しむアダルト層にはすでに話題となっているDONT PANICであるが、今回の新しい度数を備えた2モデルの追加リリースにより、20代から30代のヤングアダルト層から、50代、60代の本格的な老眼者まで幅広い層にとってユースフルなラインナップへと進化を遂げた。

さらなる詳細については下記リンクよりDONT PANICオフィシャルサイト及び、オフィシャル・インスタグラムをチェック!!

 

【値段】
フルスペックモデル:度数+0.50 9,800円+税
ダブルスペックモデル:度数+2.00 6,880円+税
シングルスペックモデル:度数+4,880円+税

 

 

 

 

yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ