今回の五島、福江島でアテンドしてしてくれたローカルサーファーの松岡さんと合流。

福江島には10数人しかサーファーがいない環境の中でサーフシーンを引っ張っている一人だ。

当日は台風のウネリがヒットしサイズアップしていた。

しかしながらサイドオンの強烈な風にみまわれる事となる。コンディションは決して良くはないがとりあえず間屋口プロがパドルアウト、その後に松岡さんも後に続いてパドルアウト。

 

幾度なくセットにチャージしたものの強烈な風と波のコンディヨンが合わずにポイント移動となった。

まだ風の影響をそこまで受けていないビーチへアテンドしてもらうことに。五島列島、福江の波に刻み込んで行った。

Takahide Mayaguchiharu Matsuoka

Takahide Mayaguchi

 

松岡さんが案内してくれたアフターサーフの本場、長崎ちゃんぽんは格別の美味しさである。

島全体が風の影響を受けていたせいか午後も風の影響を避けることはできなかった..

明日に期待を込めこの日は終了となった。

 

 

 

 

 

中学生時代に海外の音楽、ファッションカルチャーに興味を抱き、その影響で衝撃的なパンクロックと出会い、それからパンクバンドを結成し自身もドラムで活動する傍らカリフォルニアのサーフスケートのパンクシーンの影響を受けスケートボードに目覚める。 スケートパークに通っていくうちに自然とサーファー、スノーボーダーとの出会いが増え、自身もサーフィン、スノーボードにのめり込み日本各地、海外のフィールドを求め海や雪山とリアルなシーンを追い求めていった。 追い求める旅の中で美しい自然やロケーション、音楽、ファッション等の様々な新鮮カルチャーとの出会い、多くの横ノリスト達とライディングセッションを重ねるうちその時にしかない瞬間を残そうと気がつけばカメラを片手にそのリアルな瞬間を切り取るようになった。 現在は関西を拠点にcolorsmag関西支部を担当しながら、メディアや雑誌等でも活躍中。