カリフォルニア発のstpnkというサーフボードブランド名を知っている人は、日本ではまだ少ないだろう。

stpnkを手掛けるGriffin Stepanekは10歳からシェイプを始め、13歳にしてRichard KenvinのHYDRO DYNAMICAに参加。

先人たちからかわいがられながら正しい知識を身につけられる素晴らしい環境に恵まれながら、現在は大学進学のためサンフランシスコにベースを移しつつシェイパーとして活動を続ける今カリフォルニアで注目される若手シェイパーのひとりである。

 

 

幼少期に関わったレジェンドシェイパーの影響か、ワイルドなイーグルノーズとワイドなフィッシュテール、ディープなシングルコンケイブが特徴的なツインキールフィッシュには定評があり、多くのリピーターを呼んでいるそんな注目のstpnkシェイパーGriffin Stepnekに迫るインタビュー、そのツインキールフィッシュの全貌については下記リンクよりチェック!!

 

 

>> stpnk / Griffin Stepanek インタビュー

 

 

 

 

 

サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ