06-22… Irago..

 

 

 

前日からの低気圧の影響でサイズUPしていたここ伊良湖を代表するロコポイントにて、間屋口 峻英 pro、そしてこのロコポイントの目の前の道の駅あかばねロコステーションの中でFORWARD SURF を営む鈴木 勝大 proとのwater photo sessionをお届け!

 

 

Masahiro Suzuki

 

 

Masahiro Suzuki

 

 

 

この日かなりの混雑をみせていたこのポイント。

その中でもしかっりと波を見極めここぞという波を掴み素晴らしいチューブライドを披露してくれた鈴木 勝大 pro

私Danny自身もかなり興奮したbarrel shot をシークエンスでお届け!

 

Deep tube riding …  Masahiro Suzuki

 

 

 

 

 

人の多さに中々リズムを掴めずにいたTakahideだが、しっかりとバレルになる波を見つけ波の中をクルージングしていった。

 

Takahide Mayaguchi

 

 

 

 

 

そしてこのショット。。

かなりディープな位置から満面の笑みでチューブライド決めてきたTakahide

バレルジャンキーな峻英も納得の1本。

こちらのshotもシークエンスでお届けしたかったのだが、私の実力不足。。シャッターが切れず、なんとかこの1枚だけ奇跡的にシャッターをきれたshot

ある意味思い出の1枚となった。

まだまだ修行あるのみ。。

 

 

Takahide Mayaguchi

 

 

 

波は素晴らしかったが人の多さに圧倒され、Takahideと共に一度ビーチに上がり、少し左よりのピークをチェックする事に。

するとそこには人知れず最高のバレルの波がブレイクしていた。

ただそれは、腰ぐらいの水深しかない危険な匂いがプンプンする激浅ショアブレイク。。

 

実はこの手の波が大好きなTakahide…

そして私Danny自身もこの手の波が大好きだ…

早速激浅ショアブレイクセッションがはじまった。

 

 

サイズもありショアブレイクならではの急激に割れる波、カレントも強烈でポジションをキープする事も厳しい状況。

乗る方も撮る方もかなり苦戦する状況。

ただこれがまたおもしろい。

 

 

なんどもワイプアウトをし、波に叩き付けられ、砂まみれになり、それでも波にのる。

 

 

 

 

 

そしてこのセッションでの一番のshot…

二人がコネクトした瞬間。

 

Takahide Mayaguchi in the barrel

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に。。

強烈ワイプアウトにて締めくくり。。

こんな強烈なワイプアウトをしてもすぐに笑いながら戻ってくるTakahide..

さすがバレルジャンキー…

脱帽…

 

 

Takahide  Wipeout…

 

 

 

 

 

 

Big thanks Takahide , Masahiro and local.

 

 

感謝。

Danny.D pictures

 

Danny D Picture
幼少期よりトライアスロン、水泳選手として過ごし、水の中にいるのが当たり前の人生を歩んできた。 その中で運命か必然か、究極の水遊び、サーフィンと出会いこれが自分の求めていた世界だと感じ、サーフィンにのめり込んでいった。 波に乗るという事をもっとを追求したい、その思いから時間があれば全国各地に足しげく通い各地の波をスコアしてきた。 各地で波乗りを続けていく中でその土地ならではの景色、波、サーファー、ビーチカルチャー、なによりも自分が感じたものそれを伝えたい、そう思うようになり気づけばカメラを手にしていた。 そしてサーファーだからこそ見れる景色、世界観これを伝えるには水中撮影が一番だと思い迷わず水中での撮影を始めた。 自分にしか撮れないショットをこれからも発信していきたいと思う