11月に入り冬の到来を感じさせる季節になりいよいよ日本海シーズンの幕開けとなった。そんな初冬に日本海某ポイントを訪れた松岡 慧斗。そしてそこで繰り広げられたドカ掘れマニアな波にチャージする松岡 慧斗によるハードコアなシークエンスをお届けする。

 

9600000159596000001596960000015979600000159896000001599960000016009600000160196000001602Keito Matsuoka

 

960000016079600000160896000001609960000016119600000161296000001612960000016139600000161496000001615960000016169600000161796000001618960000016199600000162096000001621960000016229600000162396000001624Keito Mastuoka

 

 

 

960000015819600000158296000001583960000015849600000158596000001586960000015879600000158896000001589Keito Matsuoka

 

9600000162596000001626960000016309600000163196000001629Keito Matsuoka

 

中学生時代に海外の音楽、ファッションカルチャーに興味を抱き、その影響で衝撃的なパンクロックと出会い、それからパンクバンドを結成し自身もドラムで活動する傍らカリフォルニアのサーフスケートのパンクシーンの影響を受けスケートボードに目覚める。 スケートパークに通っていくうちに自然とサーファー、スノーボーダーとの出会いが増え、自身もサーフィン、スノーボードにのめり込み日本各地、海外のフィールドを求め海や雪山とリアルなシーンを追い求めていった。 追い求める旅の中で美しい自然やロケーション、音楽、ファッション等の様々な新鮮カルチャーとの出会い、多くの横ノリスト達とライディングセッションを重ねるうちその時にしかない瞬間を残そうと気がつけばカメラを片手にそのリアルな瞬間を切り取るようになった。 現在は関西を拠点にcolorsmag関西支部を担当しながら、メディアや雑誌等でも活躍中。