Photos & Text by colorsmagyoge.

_MG_8539
Hiroto Arai.

 

この日は朝からパイプ、バックドア、OTWの波がパンピングとなり、

セットで6ft前後のグリグリチューブが姿を現した。

ちょうどサンセットではトリプルクラウン第2戦”VANS WORLD CUP”の

コンテスト最終日が行なわれていたことから、

予想以上に世界のトッププロサーファーの数が少なく、

日本人プロサーファーにとっては良い波を掴む

またとないボーナスタイムとなった!!

_MG_9111
Yugo Kawabata & Kai Hamase.

 

この日はGo Proを口にくえてテイクオフし、

ボトムターンしながら手に持ち帰るという難易度の高い

パイプラインでのサーフィンにチャレンジした大橋海人。

_MG_8642_MG_9165
Kaito Ohashi.

 

河村海沙がパイプの波でチューブを駆け抜けると、

そのすぐ裏のバックドアの波を関本海渡が掴み、

またしてもチューブをメイク!

そんな素晴らしい展開も見られたセッション前半に

河村と関本がみせたそれぞれの一本は、

このセッションでのベストウェイブと言って過言ではない波だったことから、

そのシークエンスは改めてシークエンスコーナーにて

発信させて頂きたいと思います。

乞うご期待ください!!

_MG_8720
Kaisa Kawamura.

_MG_8745
Kaito Sekimoto.

 

脇田ピークにヒットするクリーンな波は少なかったが、

パイプに良い波が立てば必ずラインナップにはその姿がある脇田貴之プロ。

_MG_8829
Takayuki Wakita.

 

これまたバックサイドのチューブが得意だという川畑友吾は

サンセットだけでなく、パイプラインの波でも持ち前のセンスの高さを

伺わせるライディングを披露。

昨年度、友吾が初めてパイプでサーフィンした日のことが

まるで昨日のことのようによみがえる。

_MG_9000
Yugo Kawabata.

 

小振りなバックドアのチューブをメイクしてみせた野呂海利。

四国の河口の波で育まれたチューブセンスの高さが光る。

_MG_8879
Kairi Noro.

 

セッション後半には小振りなバックドアをメイクした大原洋人。

このセッションでは初めてここの波におけるクアッドの性能をテストしてみたらしく、

自分好みのフィンの堅さやサイズなどのセッティングについて

より自分の中で明確になったに違いない。

_MG_9010 _MG_9011 _MG_9012 _MG_9013 _MG_9014 _MG_9015 _MG_9016 _MG_9017 _MG_9018 _MG_9019 _MG_9020 _MG_9021 _MG_9022 _MG_9023 _MG_9024 _MG_9025 _MG_9026 _MG_9027 _MG_9028 _MG_9029 _MG_9030
Hiroto Ohara.

 

またしても吹き出した東北東のサイドショアを喰らって

コンディションが悪化していくなか、

このセッションではあまり良い波を掴めなかった仲村拓久未と浜瀬海。

徐々に身体をハワイの波のリズムに合わせ、

数日後には素晴らしいライディングをみせてくれるに違いないだろう。

_MG_9054 _MG_9083
Above : Takumi Nakamura. Below : Kai Hamase.

 

Mahalo!!!