Photos & Text by colorsmagyoge.

_MG_7745

 

 

 

まる一日中雨だった翌日の12/4(木)は

早朝から晴れ間が見えるスタートとなったことから

サンセット、パイプ、バックドア、OTW方面をチェック。

OTWへ向かう関本海渡、河村海沙の2名と

比較的コンディションの良いサンセットでサーフィンする

湯川正人、大原洋人、仲村拓久未、川畑友吾の4名のふたてにわかれ、

それぞれが違うセッションをスタート!!

_MG_7604
Hiroto Ohara.

 

ハワイに来る前のブラジル辺りから

右足の怪我の具合があまり良くなかったことから

このセッションには参加するつもりではなかったが、

サンセットで初サーフする湯川正人のためにパドルアウトした大橋海人。

サンセットの波を攻めることなく、

されどスタイリッシュにリラックス・クルーズする。

_MG_7799
Kaito Ohashi.

 

世界指折りのポピュラーなサーフブレイクと言って過言ではない

サンセットの波をクルーズする湯川正人。

このセッションの後は大橋海人、大原洋人、

仲村拓久未の4名でゴルフを楽しんだ。

_MG_7858
Masato Yukawa.

_MG_7573_MG_7815
Takumi Nakamura.

 

ターンひとつひとつのストロークの大きさが

サンセットの波のリズムにマッチしているように見える川畑友吾。

ひと際光るものを感じるサーフィンを披露した。

_MG_7777 _MG_7778
Yugo Kawabata.

 

小一時間程度撮影をしてサンセットを離れると、

今度は関本海渡と河村海沙が待ち受けるOTWへ。

到着するや否や、バックドアからセットを掴んだサーファーがいたので

カメラを向けてみると、それは関本海渡だった。

関本はこのバックドアで見事チューブをメイク!

肩の怪我という爆弾を抱えながらも、

徐々にペースを取り戻して行く。

_MG_7894 _MG_7895 _MG_7896 _MG_7897 _MG_7898 _MG_7899 _MG_7900 _MG_7901 _MG_7902 _MG_7903 _MG_7904 _MG_7905 _MG_7906 _MG_7907 _MG_7908
Kaito Sekimoto.

 

関本海渡同様、バックドアでチューブになるセットを待ち、

見事狙い通りの波を掴んでチューブ、アクション共に

素晴らしい滑りを魅せたのはハワイ育ちの日本人、

ローカルジャパニーズ・プロサーファーの喜納海人。

_MG_7949_MG_7950_MG_7951
Kaito Kino.

 

パイプ、バックドアのビーチフロントにあるVOLCOM HOUSEに

ステイしていることから、波のコンディションの変化に応じて

自分の好きなときに海に入ることができる村上舜も

人が減った瞬間を狙ってラインナップ。

その後輩にあたる脇田泰地も

小振りなインサイドブレイクながら多くの波を掴んでいた。

_MG_8145_MG_8105
Shun Murakami & Taichi Wakita.

 

サンセットの前田マヒナ邸のお世話になりながら

今年もノースアタックにチャレンジする若手注目株の野呂海利。

_MG_7915
Kairi Noro.

 

セッションの最後にOTWのセットを掴み、

見事なバックサイド・チューブをメイクした河村海沙。

さすがは日本を代表するパイプライナーのひとり、と言った感じの

非の打ち所のないクリーンバレルを魅せてくれた!

_MG_8156 _MG_8157 _MG_8158 _MG_8159 _MG_8160 _MG_8161 _MG_8162 _MG_8163 _MG_8164 _MG_8165 _MG_8166 _MG_8167 _MG_8168 _MG_8170
Kaisa Kawamura.

 

河村海沙のバックサイド・バレルを節目に

一度昼食をとるべくHURLEY JAPAN HOUSEヘ。

午後はさらなる豪華メンバーによるセッションとなることを

このときまだ知る由もなかった。

_MG_7872

 

 

Mahalo!!!