西高東低の気圧配置によりもたらしたバックスウェルを狙い冬の日本海を訪れた松岡慧斗プロ。

朝の光に照らされた波しぶきに輝くレインボーカラーの波とサーファーのコラボレーション。

太陽の位置と光の加減によりそのレンボーに輝く姿が現れる時間は限られている。

そんな自然との絶妙なタイミングの中でのシークエンスをお届けします。

 

Keito Matsuoka

 

 

中学生時代に海外の音楽、ファッションカルチャーに興味を抱き、その影響で衝撃的なパンクロックと出会い、それからパンクバンドを結成し自身もドラムで活動する傍らカリフォルニアのサーフスケートのパンクシーンの影響を受けスケートボードに目覚める。 スケートパークに通っていくうちに自然とサーファー、スノーボーダーとの出会いが増え、自身もサーフィン、スノーボードにのめり込み日本各地、海外のフィールドを求め海や雪山とリアルなシーンを追い求めていった。 追い求める旅の中で美しい自然やロケーション、音楽、ファッション等の様々な新鮮カルチャーとの出会い、多くの横ノリスト達とライディングセッションを重ねるうちその時にしかない瞬間を残そうと気がつけばカメラを片手にそのリアルな瞬間を切り取るようになった。 現在は関西を拠点にcolorsmag関西支部を担当しながら、メディアや雑誌等でも活躍中。