Rider / Shota Nakamura. Photos by colorsmagyoge.


 

 

 

2015年はバックドアからオフザウォールを駆け抜ける長距離チューブをメイクし、海外のフィルマーがLeonardo Fioravantiと間違えてSurflineが主催するWave Of The Winterにそのライディング動画を投稿し、のちにそれが誰か判明して名前が修正され、その名は一気にワールドワイドとなったというエピソードを持ちながらも、2016年は突如としてコンテストの表舞台からは姿を消し、2017年を迎えた今、さらに進化したソウルフルな姿で衝撃のデビューを果たした中村昭太。

先日colorsmagからお伝えさせて頂いた、今後はサーフィン禁止のポイントクローズとなってしまった日本海の某シークレット・ブレイクでの最後となるセッションを収録した

>Final Kamaya Session 

では大活躍を果たし、一気に3つの低気圧が連なる形で日本列島を通過した複雑な西高東低の気圧配置による波を狙い、まさかの未知なるブレイクを開拓することとなった

>señor Session

においても、そのポイント開拓者の一人で首謀者そのものでもあるそんな彼が、腰胸サイズでサイドの風が吹くプアなコンディションとなった某ビーチブレイクで軽々と1本目から魅せてくれたサーフィンでいうならばフロントサイド・フィンズフリー、スケートでいうならばフロントサイド・ディザスターのシークエンスをお届け!!

f/s Disaster by Shota Nakamura.

 

 

 

 

シェア
yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ