とある冬の日。

間屋口峻英から連絡があり、Homeである地元の某ポイントが久しぶりに地形が決まっているとの事でセッションを行う事に。
日本海側でネックとなる西風をかわしてくれるこの貴重なポイント。
この日他のポイントが西風によりコンディションを落とす中サイズは小さいながらもクリーンな波をキープしていた。

 

数々のショットの中から今回は間屋口峻英によるエアセッションをお届け!!

 

 

 

Blow tail

 

 

 

子ども達から見るこの海、surferはどのように映っているのか。。

 

 

 

 

grab air

 

このポイント特有の入り組んだ地形により様々なアングルからTakahideのエアーショウを捉える事が出来た。

下記は今回のsessionでのベストエアーシークエンス!!

 

Tail hight 360

 

 

最後にTakahideお気に入りの インディーグラブエアーをお届け!!

Indie grab air

 

 

 

今回も素晴らしい場所でのsessionに感謝!!

 

 

Danny.D

 

シェア
Danny D Picture
幼少期よりトライアスロン、水泳選手として過ごし、水の中にいるのが当たり前の人生を歩んできた。 その中で運命か必然か、究極の水遊び、サーフィンと出会いこれが自分の求めていた世界だと感じ、サーフィンにのめり込んでいった。 波に乗るという事をもっとを追求したい、その思いから時間があれば全国各地に足しげく通い各地の波をスコアしてきた。 各地で波乗りを続けていく中でその土地ならではの景色、波、サーファー、ビーチカルチャー、なによりも自分が感じたものそれを伝えたい、そう思うようになり気づけばカメラを手にしていた。 そしてサーファーだからこそ見れる景色、世界観これを伝えるには水中撮影が一番だと思い迷わず水中での撮影を始めた。 自分にしか撮れないショットをこれからも発信していきたいと思う