Rider / Hiroto Ohara. Photos by colorsmagyoge.


 

 

 

colorsmagとしては2017年初セッションとなった

1/7(土)千葉でのセッションより、昨日ご紹介させて頂いた

大橋海人による鬼スタイリッシュなカーヴィング・テールスライドと並ぶ

ベストシークエンスのひとつとなった大原洋人による

フロントサイド・パワーレイバックのシークエンスをお届け!!

それにしても波のリップセクションを粉砕するかのような

パワフルさと言い、レイバックの深さと言い、

まさに世界レベルそのものと言った感じの一発となっております。

ついに成人式を迎えたうえ、

今シーズンはCT入りをさらに意識して視野に入れた結果、

オーストラリアのQS参戦からスタートする予定の大原洋人。

果たして2017年はどんな活躍を見せてくれるのか!?

Go Hiroto!!!

Go Japan!!!!!

その活躍に期待したい!!

この記事の大原洋人のシークエンスを含め、

1/7(土)セッションのショートクリップと

写心たちによる記事は明日公開予定。

お楽しみに!!

yg8z4344yg8z4346yg8z4348yg8z4350yg8z4352yg8z4354yg8z4356yg8z4358yg8z4360yg8z4362yg8z4364yg8z4366yg8z4368yg8z4370yg8z4372yg8z4374
f/s Power Layback by Hiroto Ohhara.

 

728x90-jjf3-hero

 

 

 

 

 

シェア
yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ