Movie by SURF Slab. Text by colorsmagyoge.

 

現地時間と日本時間の5/26(土)。

フィジーのクラウドブレイクに今までで最大の大波が訪れた。

現在BALIのクラマスで開催中のCTを蹴ったKelly Slaterもこのフィジーでの歴史的な波をライド。

 

そして、そんなKelly Slaterにして、この日の最大といわしめた巨大波をつかんだのは、チリ出身のハードコア・ビッグウェイバーRamon Navarroだった。

上に掲載させて頂いたYou Tube映像の一番最後に出てくるのがその驚愕の1本となっている。

View this post on Instagram

Just take a second and process this… @surfnavarro kicked out right next to me and all I could do was give him a big hug. Today will never be forgotten. It was an honor to be in the presence of an ocean doing this. There is no better wave on this earth than #Cloudbreak. Lots of questions about competition and the event in Bali…Long story short, I am not on the level I want and need to be to compete. I did catch one really nice wave today, went straight perfectly well, and saw a hundred other good waves. When I’m ready, properly healed, and able to compete with the world’s best, I will. Good luck to everyone in Bali for the @wsl event and hoping for some more tomorrow in Fiji. Wow is all I can say. I’m inspired and more excited than ever to see surfing where it’s at! I’m calling at least 1 Billion people on this earth should have witnesse what went down today. This stuff is like people going to the moon…by tomorrow people will say it didn’t happen. 👽🏄🏽‍♂️🌊

A post shared by Kelly Slater (@kellyslater) on

 

さらにLuke Shepardson、Koa Rothmanといったノースショア・ボーイズもこの波にチャージ。

ビッグウェイブ・ワールドチャンプのMakua Rothmanはこのセッションで最もえぐい恐怖のワイプアウトを体験することとなった。

 

さらにAnthony WalshはGoProをノーズにつけて、8’8″のボードでチャージしたこの巨大クラウドブレイク・セッションにおいて巨大チューブを駆け抜ける幻想的な映像を残して発信。

 

タヒチのチョープー並みの掘れ方に、分厚いうねり。

このサイズでもパーフェクトな形をホールドするフィジーのすごさを改めて世界中に知らしめるには十分過ぎる歴史に残るビッグウェイブ・セッションとなった。

 

 

 

 

 

 

 

yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ