Movie by colorsFilmProductions. Text by colorsmagyoge.

温故知新vol.2 -Nobuyuki Osawa & Guy Sato × ARENAL EGG 7’3″- from colorsmag on Vimeo.

 

温故知新。

2017年年末よりスタートを果たしたこの新連載シリーズは、車でいえばF1と言って過言ではないハイパフォーマンスボードを普段から乗り込んでいるトッププロサーファーに、千差万別のクラシカルボードのリバイバル版であるオルタナティブ・ボードに乗ってもらい、その乗り味から何かを感じ取ってもらおうというもの。

2018年一発目の投下となる温故知新Vol.2では、カリフォルニアのサウスオレンジカウンティーをホームに、歴史の深い”HOBIE”のクラフトマンたちをはじめ、Donald Brink、Tyler Warrenをはじめとしたシェイパーたちから多くを学び、フィッシュやエッグ、シングルフィンログには定評のあるシェイパーMichael によるブランド”ARENAL”のEGG 7’3”シングルフィンを、2010年グランドチャンプである大澤伸幸と、スーパースター佐藤魁の2名がグライド!

意外にもショートのパフォーマンスボードに乗っているときとはまったく異なるスタイルを見せつけてくれる大澤伸幸の奥深いライディングの数々はもちろん、バリのクラマスで開催された2017年JPSA開幕戦”ムラサキプロ”で見事優勝を果たした佐藤魁のスタイリッシュな乗りこなしも必見となっております。

そんな2人が今回乗っているARENALについてのさらなる詳細は下記リンクよりチェック!

 

 

 

 

シェア
yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ