L3 Hiroto Ohhara from colorsmag on Vimeo.

 

2017シーズンはシーズン前半にAustralian Openで3位入賞を果たすなど、前半戦は2017年度自己最高QSランキング3位と大活躍を果たし、現在は24位まで順位を落としてしまっているが、まだまだ2018年CT入りの可能性を秘めている日本を代表する世界的プロサーファー大原洋人。

現在QSトータル・ツアーポイント11.530ptでQSランキング24位。

QSで最終的に20.000pt持っていれば来シーズンのCT入りができると言われる中、もし今回のサンセットでのQS10000”Vans World Cup”で優勝すればQSトータル・ツアーポイント21.530ptとなる。

果たして、そんな大原洋人はサーフィンの聖地ハワイ、ノースショアの中でも指折りの世界的サーフポイントのひとつであるサンセットを舞台に開催されるQS10000”Vans World Cup”で見事優勝を果たすことができるのか!?

そして新井洋人、来シーズンのCT入りをすでに決めているカノア五十嵐、ハワイ育ちの喜納海人といった若き日本のサムライたちはどんな活躍を見せてくれるのか!?

可能性は無限大!!

Go Hiroto!!!

Go Japan!!!

———————————

L3 Hiroto Ohhara

SURFER
Hiroto Ohhara

Filmed by Yuki Ohhara & glide_forever
GoPro by Yuki Tako / OCTOPUSFILM

———————————

 

 

シェア
yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ