Movie by HrsTV. Text by colorsmagyoge.


 

 

 

腰腹前後の小ぶりながら、形のいい波に恵まれた9/7(木)の湘南エリア。

無類のチューブ好きとして知られ、自らSkillzHigh wetsuitsを手がける脇祐史プロが、現代のサーフボードのスタンダードと言って過言ではなスラスターのボードと、トラジション系ツインフィッシュの2本の乗り比べを決行!!

果たして、パワーのない柔らかい小波コンディションでどちらのボードが調子がいいのか!?

ちなみに、ここで脇祐史が使用しているボードはどちらもDEADKOOKS surfboardsのものとなりますが、気になるスペックの方は下記の通り。

・MADBALLシングルチャンネル:5’6” 181/2 23/16

・Riches:5’2 20 25/16

 

 

 

 

 

 

 

シェア
yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ