Movie & Text by colorsmagyoge.

 

ブラジルのリオデジャネイロのサクアレマを会場に開催されていたCT第4戦”Oi Rio Pro 2017”のファイナルデイが現地時間の5/18(木)に無事終了となった。

見事優勝を飾ったのはブラジルが生んだワールドチャンプのひとりであるAdriano de Souza(BRA)!!

Adrian Buchan(AUS)とのハイレベルな戦いの末掴み取った母国での勝利となった!


Adriano de Souza.

 

また、特筆すべきはワイルドカードを得て本イベントに参戦していたブラジル出身のYogo Doraが3位入賞を果たしたこと。


Yago Dora.

 

colorsmagでもお馴染みのスタイリッシュなエアリストYago Doraは、Adriano de Souzaと共にこの後5/22(月)から5/28(日)に渡って千葉の志田下を会場に行われるQS6000”ICHINOMIYA CHIBA OPEN”に出場予定。

その世界レベルのサーフィンを生で見たいという方は、QS6000”ICHINOMIYA CHIBA OPEN”にぜひお越しください!

注目のカノア五十嵐はラウンド5のヒート4でMatt Wilkinson(AUS)に敗退。

同率9位というポジションで本イベントをフィニッシュした。

カノア五十嵐もこの後千葉の志田下で行われるQS6000”ICHINOMIYA CHIBA OPEN”に出場予定。

今シーズン日本国内最大級の世界大会での活躍にも期待したい!


Kanoa Igarashi.

 

5/22(月)から5/28(日)は千葉の志田下に世界トップレベルのプロサーファーたちが集結するQS6000”ICHINOMIYA CHIBA OPEN”をお見逃しなく!!

 

>>QS6000″ICHINOMIYA CHIBA OPEN 2017″

 

 

 

 

シェア
yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ