4/15(土)。

本職のシングルフィン・ログはもちろん、ミッドレングスのシングルフィンに乗せても一際光る温故知新なスタイルをみせるカリフォルニアが生んだ世界的カリスマ・スタイルマスターAlex Knostが湘南でも深い歴史を持つサーフショップ”California”に姿を現した。

 

当日、 CaliforniaではAMSTERDAM COMMUNITYによるイベントが行われており、会場ではCaptain Finによる幻のオリジナルムービー”Suck My Wake”も上映。



Suck My Wake Trailer from Captain Fin on Vimeo.


RVCAustralia | Ellis & Alex from RVCA on Vimeo.

 

 

本イベントにスペシャルゲストとして参加予定だったAlex Knostが登場を果たすと、次から次へと待ち構えていたファンたちに囲まれ、握手をしてはサインをして写真を撮り、そしてまた握手をしてはサインをして写真を撮り、会場内は一気にヒートアップ。

相変わらずのその凄まじい人気はさすがの一言であります。

そして、そんな状況においても嫌な顔ひとつ見せず、一人ひとりのファンと丁寧に触れ合う姿はまさにスターそのものでありました。

 

実は4/11(火)に来日を果たしていたAlex Knostの今回の来日ツアーの模様は、colorsmagの師匠であるNAKI氏による写真でNALUで特集される予定。

お見逃しなく!!

 

 

 

 

 

 

シェア
yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ