Rider / Shota Nakamura. Photos by colorsmagyoge.


 

 

 

先日お伝えした、波を求めて銀河の果てを駆け抜け、まさにウエスタン・オーストラリアのどこかなのではないかと見紛うワールドレベルな未開拓のブレイクを発見し、初ライドすることによって開拓した内容を綴った

>>【西高東低愛好会】中村昭太、松岡慧斗、村上舜、稲葉玲王が銀河の果てを駆け抜け未開のブレイクをスコア!

の翌日。

今回の未開のブレイク、通称”señor”の名付け親でもある中村昭太がそんなseñorで見せた鬼スタイリッシュなスタンディングバレルを捉えたシークエンス・オブ・ザ・デイをお届け!!

ゴリゴリのコンペティターとして活躍していたにも関わらず、2016年度の1年間は突然コンテストシーンから一度姿を消し、1年間の沈黙を破り、2017年を迎えて悟りを開いたのか、未開のブレイクを開拓するほどのソウルサーファーとしてのその感性が爆発寸前の勢いに達しているcolorsmag的鬼注目のソウルサーファー中村昭太、今後の動向からさらに目が離せない!!

 

 

 

 

シェア
yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ