前回クリップでもアップされた初冬の日本海で繰り広げられた藤本軌道の小池社長バックアップによる日本海ロードトリップ2016Vo1〜4、そしてPhotosessionは初日から天候と素晴らし波にも恵まれたセッションとなった。そして今回のトリップ後半は残念ながらサイズダウンの方向へと向かっていったがFarSide野田さん、隼人塾の今井隼人さん、Makotoさんそしてローカルサーファーのと交流やサーフセッションを通じて素晴らしいカタチでのロードトリップとなった。限られた時間の中でフラットコンディションだけは間逃れただけでも本当にラッキなートリップでもあったことには間違いない。しかしながらポイントによっては十分にサーフできる波もあり日本海が与えてくれた波のリズムにそれぞれが素晴らしいライディングを残していった。そんな後半のリラックスした雰囲気の中でのスモールウェーブセッションの各場面をお届けします。

 

960000020739600000207896000002075960000021209600000211896000002119960img_066996000002068960img_1590960img_0706

 

969img_07759600000182296000002066960img_1502960000018109600000181196000001812 Kiyoshi Kaneda

 

 

960000017569600000215596000002156960000017559600000215896000001757Atsushi Imamura

 

 

96000001981Sasuke Kawatani9600000198296000002190960000021919600000219296000002193960000021949600000219596000002196960img_2565960000019839600000197196000001972960000019849600000198596000001986960000019879600000198896000001989960000019909600000199196000001995 96000001996 96000001997 9600000199896000001994960img_2476Sasuke Kawatani

 

960img_2318Koikesan 藤本軌道

960000020419600000204596000002046Koike san

 

96000002162Noda san

96000002147Masuda kun

96000001772Hyato Imai 隼人塾

960img_21249600000177196000001770Hayato Imai

 

960img_0727Yasuhiro Takatsuka

96000002033 96000002036960000021649600000203896000002034 960000020359600000203996000002163960img_2351-1Yasuhiro Takatsuka

 

96000002166 96000002167 96000002168 96000002169Reo Kanao & Yasuhiro Takatsuka

 

96000001948Reo Kanao

9600000195396000001921 96000001922 96000001923960000021839600000218496000002185960000021869600000218796000002188 9600000193796000001956 96000001957 96000001958 960000019599600000195296000001946 96000001947960img_26979600000192696000001951Reo Kanao

 

96000001878Naomi Kobayashi

960000018629600000186396000001864 96000001865 96000001866 96000001867 96000001868 96000001869 96000001870 96000001871 96000001872 96000001873 96000001874 96000001875 9600000187696000001884960_mg_073696000001881Naomi Kobayashi

 

 

9600000178496000001799Keisuke Nishiguchi

9600000217996000002175 960000021769600000218196000002177 960000021789600000218096000001786 96000001787 96000001788960000018009600000180196000001802960000018039600000180496000001805960000018069600000180796000001808960img_1460960000020889600000208996000002090960000020919600000209296000002093960img_1553Keisuke Nishiguchi

 

 

 

 

96000002072Reo Kanao

96000002071960img_1917Naomi Kobayashi

96000002065Colorsmag yoge

960000020649600000207096000002122960_mg_0851960_mg_0739

 

96000002082

Special Thanks    FarSide&隼人塾&ALL LOCALS  藤本軌道

 

 

 

 

 

 

シェア
中学生時代に海外の音楽、ファッションカルチャーに興味を抱き、その影響で衝撃的なパンクロックと出会い、それからパンクバンドを結成し自身もドラムで活動する傍らカリフォルニアのサーフスケートのパンクシーンの影響を受けスケートボードに目覚める。 スケートパークに通っていくうちに自然とサーファー、スノーボーダーとの出会いが増え、自身もサーフィン、スノーボードにのめり込み日本各地、海外のフィールドを求め海や雪山とリアルなシーンを追い求めていった。 追い求める旅の中で美しい自然やロケーション、音楽、ファッション等の様々な新鮮カルチャーとの出会い、多くの横ノリスト達とライディングセッションを重ねるうちその時にしかない瞬間を残そうと気がつけばカメラを片手にそのリアルな瞬間を切り取るようになった。 現在は関西を拠点にcolorsmag関西支部を担当しながら、メディアや雑誌等でも活躍中。