Photos & Text by colorsmagyoge.

3P8R9191
Group Shot @ Tomihachi DOGTOWN Niijima.

 

クリスチャン・フレッチャー来日ツアー2015の

新島トリップDAY2にあたる5/27(水)。

なんとこの日は新島滞在最終日だったことから、

この前日にあたるDAY1の夜は民宿富八の手厚いもてなしにより

BBQが開催され、エアのパイオニアChristian Fletcher大先生をはじめ、

DOG TOWNのデザインを手掛けたレジェンド・アーティストKevin Ancell、

日本を代表するRVCAトッププロライダーJET中浦章を含める

本RVCA japanツアーのクルーたちは

富八の富田圭介や大沼祐樹といった新島ロコボーイズたちと共に

遅くまでコミュニケーションを取り、交流を深めた。

特にChristian Fletchaerのビデオを見て育ったという

圭介や祐樹の先輩にあたるローカルサーファーの方は

Christianを含め、その場にいた全員に当時の話しを熱く語ってくれた後、

ChristianのシグネイチャーTシャツに直筆サインをもらったり、

一緒に写真を撮ったりと、

憧れのサーファーとの時空を超えた

思いもよらぬ貴重な体験に興奮気味だった。

そんな彼の姿を見て、

やはり、世界で初めて波の上から飛翔するエアという技をメイクし、

それを広めたChristian Fletcherの持つカリスマ性の高さは

ハンパじゃないと改めて実感したのだった。

IMG_1401 IMG_1405

 

そんなこんなで消灯時間が遅くなったことは言うまでもなく、

明くる朝はゆっくりめなスタートとなった。

海へ向かう前にレジェンド・アーティストのKevin Ancellが

スプレーで民宿富八の外壁にアートを施す。

3P8R91723P8R9187
Kevin Ancell & Christian Fletcher.

 

これぞまさに本物のDOG TOWNロゴ。

そんな貴重な作品を外壁に頂き、富八の圭介もさすがにご満悦となった。

そうこうしている間に時間は過ぎ去り、

いつの間にか出発まで数時間となってしまったことから急いで海へ向かい

いくつかのポイントをチェックするがやはり前日と同じ場所が波が良く、

頭前後のライダブルな波が押し寄せるなか、

お昼過ぎのフェリー出発時間まで軽くサーフセッションを行うことに。

IMG_6803 IMG_6806IMG_6839
Akira”JET”Nakaura.

 

波が目の前で割れていれば

サーフィンしたくてたまらなくなるJETが先に海へ入るなか、

またしても先生はマイペースを保ち、

ゆっくりと準備を進める。

IMG_6819
Christian Fletcher.

 

が、そうこうしているうちに、

北の方角からみるみるうちに濃霧が押し寄せ、

最終的には撮影するのが難儀なほどの霧に覆われた

バッド・コンディションとなってしまった。

IMG_1416

 

 

しかし、そんなのお構いなしのChristian大先生は、

海に入っていたJETをわざわざ浜まで呼び出し、

「おいJET! 今日は俺がシェイプしたボードに乗れ」

「あ、いや、、はい。でも一応自分はChannel Islandのライダーなので」

「え?なんだって?? いいからとりあえずこれに乗ってエアを決めてこい」

「は、はい。」

といういつもの流れとなり、

JETはChristianのシェイプしたボードに、

ChristianはJETのChannel Islandのボードに乗ることに。

IMG_1421s
JET & Christian Fletcher.

 

が、ここに来て決めてきたのは

まさかのChristian Fletcher大先生。

伝家の宝刀である大先生ならではのアレを披露してくれた!

IMG_6928 IMG_6929 IMG_6930 IMG_6931 IMG_6932 IMG_6933 IMG_6934 IMG_6935  IMG_6939 IMG_6941
Christian Fletcher.

 

またしても電気ビリビリ〜〜ッ!!

年季の入った本物のエア、しびれました。

すると、一緒に入っていた民宿富八の富田圭介もセットを掴み

フルスピードでランプセクションへ入っていき、

見事、完全にChristian Fletcherが乗り移ったかのようなエアを披露!

IMG_6957
K-suke Tomi8.

 

また、横で入っていたローカルの方も

エキサイティングな動きを見せる。

IMG_6965
Local Surfer.

 

わずか数本目で気持ちよくエアを決めたChristian大先生は、

30分満たないうちに海から上がってきて

「パドル、パドル!! 右側にセットが来たぞ!!」

今度はまだ海に入っているJETに対し、

あおりの言葉を連発する。

と、同時に

「俺がまだ小さい時、親父(Harbie Fletcher)が大会会場で俺によく、パドル、パドル!!と大声で叫んだ挙句、負けたりすると激怒しちゃってやばかったんだよ。その当時のプレッシャーっつたらパンパじゃなかったんだぜ。だから俺はいま、それをJETにやってプレッシャーをかけているんだ。hahaha」

と、JETにプレッシャーを与える。

が、ここはさすが

日本を代表するエアリストであるJETこと中浦章。

IMG_6977 IMG_6993
JET.

 

Christianのあおりに応えるべく、

見事立て続けにエアをメイク!!

旅の最後を締めくくるのにふさわしい素晴らしいセッションとなった。

3P8R9209 3P8R9215

 

 

民宿富八でみなさまにお別れをし、

時間ギリギリでフェリーに乗り込むと

いつの間にかクルー達は竹芝桟橋に到着するまで

眠ってしまっていた。

楽しい時間はいつもあっという間に過ぎ去るもの。

3P8R9205
Christian Fletcher.

 

今回のツアーでお会いしたみなさま、お世話になった方々、

本当にありがとうございました。

まさに一期一会。

素晴らしい旅となりました。

 

 

 

 

 

シェア
yoge
サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミステリー旅/吉田憲右著・コスミック出版など数々の書籍を発行し、2000年にTRANSWORLD SURFの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参入。 2001年から2009年10月まで月刊SURFING WORLDの編集部兼カメラマンとして勤務。 その経験と共に、第1回NSA東日本サーフィン選手権大会Jrクラス3位、2年連続THE SURFSKATERS総合チャンプなどテストライダーとして培ってきた経歴を活かし、サーフィンを軸としたスケートボード、スノーボード、ミュージック、アート全般をひとつのコーストカルチャーとしてとらえ、心の赴くままにシャッターを押し、発信し続ける。 >>>出版物 >>>プライベート撮影問い合わせ